ギターコード初心者が練習前に必要な3つの準備と上手く弾くコツ

guitar-1611775_1280

今回はギターのコードです。初心者がギターを買って初めて弾いてみる時、音楽的にとてもかっこよく見えるのがコードをジャンジャン弾いている時ではないでしょうか?

でも、初心者の時はコードを押さえることが難しいです。早く上達する為にも正しいコードの押さえ方を覚えましょう。

Sponsored Link

コードとは?

音程が違う決められた音と音を複数(3つ以上)合わせた音のこと。日本語で「和音」と呼ばれています。「コード」はクラシックを除く西洋音楽で使われている名称になります。

コードを弾く前の3つの準備

コードを弾く前に準備をしましょう。初心者の方はギターを弾く前の準備を行うことが綺麗な音、カッコいい音を出せる近道となりますので、以下の3つの準備をしっかりと行ってください。

1. 左手の爪を切る

左手で弦を押さえる時に重要なことは指板(フィンガーボード)に対して指を寝かさないことです。押さえる時に爪が伸びていると、指板に爪が当たりどうしても指を寝かせて押さえるしかなくなります。

そうすると隣の弦に寝かせてしまった指の腹が触れることになり、音がミュート(無音)になってしまいます。ギタリストで左手の爪が伸びている人はいませんので、今のうちから爪を切る習慣をつけてください。

2. 弾く姿勢

早く演奏の上達をするには弾く姿勢が大事です。椅子に座ってギターを膝に置き、椅子を自分の体に合った高さに調整してください。また、ストラップがある人は座った時の長さに調整して装着してください。ギターを水平垂直に保つことが容易に出来ます。

3. ピックの持ち方

写真のような手の形でピックを人差し指の上に置き親指を軽く添えて完了です。ピックの先は出し過ぎずひっこめ過ぎずの位置です。ポイントは力を入れすぎないで軽く持つことです。

%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e6%8f%a1%e3%82%8a%e4%bd%bf%e7%94%a8

Sponsored Link

初心者がコードを上手く押さえるコツ

実際にコードを押さえてみましょう。今回は比較的に初心者の方でも馴染みのあるオープンコードを押さえてみます。コードにはたくさんの種類がありますが、ここではCのコードを押さえてみましょう。

 c%e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc

上の図はギターの指板を上から見たものです。〇の中の漢字はそれぞれ人差し指、中指、薬指の頭文字です。押さえる指と場所を表しています。

横線は弦、縦線の左の太い線はナット(指板上でギターの先端に一番近いところに位置)続いて細い線がフレット(音程が変わる境にある)になります。右側の赤の×印は弾かない弦(音を鳴らさない)になります。

この場合1弦と3弦には何も書いてありませんが押さえずにそのまま弾きます。何も押さえずに弾く弦を開放弦といい、この何も押さえずに弾く弦を使ったコードをオープンコードといいます。

実際に押さえてみましょう。薬指を5弦3フレット、中指を4弦2フレット、人差し指を2弦1フレットです。押さえられましたか?きれいに音を鳴らすためのポイントは、指の置く位置と押さえ方です。指の置く位置はフレットのすぐ左横、一番音程がいい場所でそれほど力を加えずに押さえることができます。

押さえ方は力を入れ過ぎずに指をしっかり立てて押さえること。指を立てることで隣の弦に指の腹が触れなくなるので1音1音綺麗に鳴ります。

c%e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e6%8a%bc%e3%81%95%e3%81%88%e6%96%b9

そして6弦のミュート(音を鳴らさないための技法)写真のように親指で握り込み6弦に少し触れます(完全に押さえてしまうと音が鳴ってしまいます)。そうすることで弾いた時に6弦に触れても音が鳴りません。

最初はかなり難しい上に指が痛いので大変ですが、慣れてくると問題なく押さえることができますので、何度も練習して押さえられるようにしてみてください。では、実際音を鳴らしてみましょう。

コードを弾いてみる

左手で弦を押さえている状態でピックを使って右手で弦を6弦から1弦に向かってジャーンと弾いてみてください。どうでしょう、しっかり音は鳴っていますか?

しっかり鳴っているか確かめる方法として、6弦からゆっくり1本ずつ1弦まで鳴らして行き、鳴っていることが確認できたら、もう一度いっきにジャーンと弾いてみてください。鳴りましたか?この方法で他のコードにも挑戦してみましょう。

コードを押さえるポイントのまとめ

  • 左手の爪を整えて正しい姿勢でギターを構える
  • 指の置く位置はフレットのすぐ左横
  • 指をしっかり立てる
  • 余計な力を入れない

このポイントを踏まえて練習すればコードを綺麗に弾けるようになります。また、早く上達する秘訣は基本に忠実に繰り返し練習することです。最初はかなり大変に感じますが弾けるようになると楽しくて仕方がないと思いますので、頑張って挑戦してみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

*